本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
天国はまだ遠く
瀬尾さんのお話は、本当に温かくて、大好きです。

今回の本も、始まりは自殺願望の女の子の話なのですが、
女の子の気持ちの変化が、心にじんわり染みわたります。

実は、昨日の午後かなり落ち込むことがあって・・
そんな私の心にぴったりの、温かい本でした。

私は心身ともに充実していて、いいね。
なんて言われる事もあるのですが。
確かにはたから見たら、家も主人の仕事も、子供達も、私自身の暮らしも、
充実しているように見えるかもしれないのですが。

ここで言う事ではないのですが、難しい・・・

好きな本を読む時間。
おいしいものを食べる時間。
お友達とお話する時間。
ケーキやパンを作る時間。
その他いろいろ・・・気持ちを前向きにもっていける時間があって
助けられています。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


| 春色 | ー瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0) |
卵の緒
「卵の緒」も「7's blood」も、血が繋がっていない「家族」だ。
いや正確にいうと、七子と七生は、繋がっているけれど、
家族ではなかった。

こんな温かい文章で包まれた話を読むと、優しさや愛情で繋がった関係って
すっごく幸せだな。

今自分のすぐそばにある関係も、
これから誰かと繋がる関係も、心地よい時間でありますように・・


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 春色 | ー瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0) |
幸福な食卓
この本は、本屋さんで何故かふと手に取り、買った本です。
題名に惹かれたのかもしれません。
これも、一気に読みました。
以下、ねたばれ注意です。























やっぱりある家族の話です。
最初読み始めた時は、なんて淡々とした家族だろう。
って思いました。
毎日必ず、朝食を一緒に食べる、中原家。
誰かが用事で早い時も、早く起こされ、
病気で寝ていても、時間には、起こされ、
変なの!?

やっぱり恋の話があって、
直ちゃんの、不思議な恋。
佐和子の、純情な恋。

でもでも、誰かを死なすのは、やめてほし〜
小説って、誰かが死んじゃう事多いけれど、
昨日の『さくら』も、そうだけど、大切な人が死んじゃうのは、
小説の中だとわかっていても、やっぱりかなり、つらい。
そんな状況、気持ちをうまく表現している話だと思うし、
ほんと温かいものが、流れている。とは思うのですが。

恋人が亡くなっても、新しい恋ができる。
でも、家族の代わりはいない。
確かにそうかもしれないけれど、
この言葉を読んでいて、先日のJRの事故の事を思いました。
亡くなられた107人の方には、家族も恋人も、友達もたくさんたくさんいるでしょう。
どの人の代わりもいないのに・・
小説や夢の中の話だったら、と思うでしょう。

でも、悲しみを癒す事ができるのは、やっぱり人の温かさなのかもしれません。

どうか、こういう悲しい思いをする人が、いなくなりますように・・


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| 春色 | ー瀬尾まいこ | comments(0) | trackbacks(0) |