本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ゆず
くるねこ大和さんのところで知った、須藤真澄先生のコミックです。

むかーーしむかしはコミックもよく読んだのだけど、
最近は少なくなりました。
こんな動物ものはほんわかして本当に癒されます。

猫を飼うことになった作者の体験をもとに描かれています。
もうほんとーーに親ばかってくらいにかわいがる様子や、
どきどき心配したり、
へーー猫ってこんななんだ。って発見があったり、
自分も一緒にゆずちゃんを飼っている気分。

また、絵がかわいいんだ(^^)

私は最近の猫ブームでにわか猫好きになっている不届きものですが、
最近知ったブログさんや猫飼いさんは
完全室内飼いを推奨実行している方がほとんどなのですが、
ゆずちゃんは、お外へ行くのね。
なんだかそれが不思議。

解説にありましたが、
猫に愛情を注ぐことは、報われない愛であることを覚悟すること。とあります。
そしてちょっと室内飼いを批判しているかのような・・
室内飼いの理由も多々ありますよね。
詳しく知らない私があれやこれや言う立場にありませんが、
動物をかわいいと思う気持ちや、
不幸な動物を減らしたいという思いはあります。

だからどんな形からでも、動物のことを知り、
ありえない虐待とか、捨て猫、飼育放棄などする人間がいなくなりますように。

こんなかわいいゆずちゃん見たら、きっとそんな気持ちになります。



  ↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | コミック | comments(0) | trackbacks(0) |
ひとりたび1年生
いつもとがらっと変わって今日はコミック。
このサイズのコミックは気楽で好き。

オトナのおんなの一人旅。
なんだかとっても興味ありました。

変なこと気にしてときどきしたり、
気持ちがわかりました。
自分が思うほど他人は気にしていないのに、
ひとり旅?
寂しそう・・
って見られているかな〜とか。

でもなかなか楽しい旅をされていていいな。
私もひとり旅してみたい。

旅行らしき旅行もご無沙汰な私ですが、
余裕ができたら(経済的にも、時間的にも)
あちこち行きたいな〜と思っています。

女友だちとは、よく行こう行こうって話になるのですが、
まだ子供が小さい人が多く、なかなか行けません。

そのうち友だちの子供が大きくなったら、
誰かが体悪くしたり、はたまた親の介護?
もしかしたら私は孫の世話?
なんてなったりして。




   ↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | コミック | comments(0) | trackbacks(0) |
グーグーだって猫である1
JUGEMテーマ:漫画/アニメ


コミックはすっごく久しぶり。
巷でも、私の中でも猫ブームが続いているので、
猫ブログさんで話題になっていたお話です。
映画になったんですね。

猫ちゃん、かわいいな〜


ランキング参加しています。

↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書



| 春色 | コミック | comments(0) | trackbacks(0) |
片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
JUGEMテーマ:読書


あはは。これは娘に読ませたい〜

娘の部屋がきれいになるときが来るだろうか・・・・




ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | コミック | comments(0) | trackbacks(0) |
ツレがうつになりまして。
だんなさんが突然うつ病になってしまった過程から復帰までを、
おもしろくと言ったら語弊があると思うけれど
漫画なのでわかりやすく、書かれています。

本人たちはかなり大変でしょうけれど、
うつ病ってこんななんだ。って知らなかったことが多く、読んでよかったです。
ある日突然何か起こるかわからない。

怠け病だと思われるのが辛いとありましたが、
確かに大変さをわかってもらえないと辛いですよね。

本人でなければわからない辛さはどんな病気にもあると思うけれど、
やっぱり支えてあげられる、支えてもらえる家族や友人がいることは大きいですね。

| 春色 | コミック | comments(0) | trackbacks(0) |