本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
孤宿の人
JUGEMテーマ:読書


宮部さんの時代ものは好きなのでかなり期待して読み始めました・・・

が、すっごく読むのに時間がかかてしまいました。

途中あまり興味がわかなくなってしまって。
何故だろう。

『ほう』というひとりの女の子。
運命のままだとするととても不公平だな。と思える境遇になかでも
いつも一生懸命で、
とてもきれいな目をしているだろうな〜と思える。

阿呆のほうでなく、最後とてもすてきな名前をいただきましたね。

たくさんの人が登場し、あまりにたくさんの人が死にました。
そんな時代だったのでしょうか。



ランキング参加しています。

↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書



| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
返事はいらない (新潮文庫)
JUGEMテーマ:読書


久しぶりです。
宮部さん。
彼女の作品はいろいろ読んでみたい長編があるのだけど、
読みたい本が他にも多すぎて手がでません。
きっとおもしろいと思うのだけど。

さてこれは短編です。

犯罪が絡んでもこんなにも人間関係が温かい物語を書ける宮部さんはすごいと思う。

『火車』の原型ともいえるという、『裏切らないで』は、
やっぱり女性の怖さが際立つけれど、
その他はどれも、わかるな〜と思えてしまう。



ランキング参加しています。

↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
魔術はささやく (新潮文庫)
今まで読んだ宮部作品と比べると、少しインパクトに欠けるかな。
どうしてだろう。始まりは自殺した女の人の記事からで、
これがどんな事件に発展していくのか。と、
気になるのだけど、自殺が、本人に意思ではない。と
いう辺りから、胡散臭さが漂う。
こんなこと書いているけれど、結局は引き込まれて読みました。
本人の意思でなく自殺すること。すなわち殺人を行うこと。
そんなことが出来るわけがない。と思いますが、
ようするに、催眠術・・だというのでしょうが。
こんなことが出来るひとがいたら怖いよ。
殺人依頼の事件もある昨今ですが、他人に決めてほしくないです。
どんな時代になろうとも。



ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
ステップファザー・ステップ

評価:
宮部 みゆき
講談社
Amazonランキング: 7134位
宮部さんの小説は、読みやすくすんなりその世界に入っていけますね。
今回も気持ちが途切れることなく読めました。

なんともおかしい設定です。
プロの泥棒なのに、双子の中学生の父親になる。
ステップファザーとは、継父だそうです。

両親ともに愛人と家を出ていってしまった。という設定は
かなり無理があるとは思うけれど、
おもしろい展開だから、いいよね。と思ってしまいます。

疑似親子を演じながら、双子の男の子たちの
かわいさ、いじらしさ、しっかりした所、
応援したくなります。

泥棒さんの手口もちらちら出てきて、
おもしろい。

明日のことを心配するより、
今、幸せならいいさ。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(1) |
あかんべえ〈上〉 (新潮文庫)
しばらくあまり読書の時間がなかったのですが、
お正月らしく時代物を読んでいました。

やっぱり宮部さんうまい!亡霊さんが出てくるのって映像じゃ絶対見られない私ですが、
これは恐さではなく、ほんと人情物でファンタジーのようだから
とってもおもしろかった。
後半ほろりと涙する所あり、
びっくりの展開でした。

これって映像化されるとしたら複雑よ。
主人公のおりんちゃんには、全部のお化けさんが見えるのだけど、
全然見えない人もいれば、特定のお化けさんだけ見えるひともたくさん。
えっ〜と、おつたさんにはおみつが見えて、
おたかさん、おさきさんには銀次だったかな。ヒネ勝にはお梅が見えて、わけわからなくなりそう。
でもそれもみんな訳があって、
悲しみがいっぱいありました。
最後はよかったね。
おりんちゃん、幸せになってね。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
火車 (新潮文庫)
東野作品同様、ここ数か月で好きになった作家さんなので昔の作品を読んで行きたいと思っています。

今回は『火車』

謎を究明するために行動している主人公はどこか温かみがあって、
子供の智くんもいい味だしてかわいい。

カード破産による苦しみ悲しみがあります。
人生がかわってしまいます。
現実にもありそうな感じがします。

人生のやり直し方を少し間違ってしまった女性の物語でした。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
名もなき毒
これ今売れているから、読んだ人も多いかな。


殺傷してしまう本物の毒、以外にも、
生きていくにはいろんな毒が潜んでいる。と、
現代の問題にもぶつかります。

犯人は誰だろう。と読みすすめているうち、
出てきた所で、そうかも。ってわかった気がしましたが、
動機までは、わかりませんでした。

昨日読んだ本に出てきた、きれいなきれいな嘘と違って、
原田いずみのつく嘘は、あ〜もう〜やだ。
ほとんど、怒る。って感情を持たない私ですが、
むかつく。ってこんな事されたら。
信じられない。

いろんな人が出てきて、それぞれの人生があって、
裕福な人。そうじゃない人。
がんばっている人。そうじゃない人。
元気な人。病気の人。
必ず、反対の人がいるわけで、でも誰の近くにも毒があるのかも。
そして誰も、自分の周りは守りたい、帰る場所があったらいいと思えます。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
R.P.G. (集英社文庫)
ミステリーものは、犯人が誰か。とか気になって気になって
だいたい一気に読んでしまいます。

でもただの犯人探しでなく、ネット依存気味の私や、携帯依存気味の思春期の娘のことや、
家族のことなど、いろいろと考える事が多く、興味深く読みました。

最近また本を読みたい病で、すごく読書の時間が多いです。
だいたい新聞の書評とかで、読んでみたい本があると
ネットで注文するのですが、
今朝も注文してあったものがたくさん届いて、すっごく幸せな気分。

ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |