本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
だから荒野
夫婦の子供ふたり。
どこにでもある家族。
それも子供が思春期ともなると想像していたように子供は育っていないし、
亭主は勝手だし。
世の奥様方の不満を一手に引き受けて飛び出した。みたい。
誕生日だからとイタリアンレストランを予約したものの、
自分が運転するはめになるし、
料理にも文句言う上にプレゼントはないわ。
勝手なことばかり言うだんな。
奥さんにプレゼントしないの当たり前なんですか。
なのにゴルフで知り合った人妻とかスナックのママに何か贈ろうとしているし。
自分の所有物なんですか。奥さんって。
そして自分の思い通りになるのが当たり前だと思っているとか最悪。
まあ得てしてだんなさんて奥さんの話聞かないですよね。
聞いてるふりして何にも聞いていないし理解しようとしない。
ここで私の不満を言っても仕方ないですが・・
そんな不満が募り食事の途中で飛び出した朋美。
とりあえず車があるので高速に乗ってどこかに行こうと走り出す。
道中いろいろハプニングありだまされたり出会いがあったり、
ドラマのようです。
結局長崎に着き、知り合ったおじいさんの家でお世話になり、
なぜか次男もやってきて・・
家族崩壊になりかけああこのままじゃ離散だわ。と思っていたところ、
再会するきっかけがあり。

実際いろいろな事情で離婚するひとも多いのだろうけれど、
ほとんどの人は思いとどまるのではないかと思う。
主婦は世間を知らないかもしれないけれど、
だんなさんだって自分の会社だけかもしれない。
決めつけないでどうか話し合いを。
普段から少しでも相手のことを思いやる気持ちがあれば。
やっぱり家族といえども他人。
思いあって気遣って話し合って作っていくのが家族だと思う。
簡単ではないけれど、やめるのだって難しい。
 
| 春色 | ー桐野夏生 | comments(0) | trackbacks(0) |
美雪晴れ みをつくし料理帖
以前は本屋さんでも探さなければならなかったこのシリーズもいつの間にか人気シリーズとなり、
本屋でも目立つところに置かれるようになりました。
嬉しい反面、そっと人知れず本当に好きなひとにだけ読んでほしいような複雑な思いがする小説です。

物語はいよいよ佳境に入ってきました。
澪と共に慣れない江戸で暮らす元天満一兆庵のご寮さんお芳。
一柳のだんなさんに見初められ新な道を歩むことに。
悲しい出来事の多かったつる家の面々にも明るい話題だった。
そしてひとり息子の佐兵衛のこと。
やっと会うことが叶うも、料理の道を捨てて生きている息子。
そして澪は、自身の料理人としてこの先どう歩んでいくべきか悩む。
幼馴染の野江のこと。
どうしても自分で手を差し伸べたい。
そのためにつる家を辞してもやり遂げたい想い。
澪の料理の腕に多くのひとが惚れ込むも澪の気持ちはただひとつ。
それに気づかせてくれたのは・・
新たに登場したお臼も料理人の政吉もいい人そうでよかった。
澪の作る料理の味がきちんと食べるひとたちに伝わること。
これがいつもすごいと思うのだけど、
これだけの思いのこもった料理。
何ひとつ手を抜かず、ただただ食べるひとのことを思い仕上げていく。
料理は食べればなくなってしまうものだけど、
食べたものがひとを作る。
最初から何も変わらない澪ちゃんの道。
さて、次回完結だそうです。
小松原さまの登場がなくなって寂しいですが、
番外にちょこっとうれしい試みがあります。
本当はもっときちんと本編で登場してほしいのだけど、
こればっかりは叶いませんかね。
野江ちゃんとのことはきっときちんと解決するのでしょう。
どんな形になろうとも澪ちゃんを応援する気持ちに変わりなく、
次回作を待ちたいと思います。
| 春色 | ー高田郁 | comments(2) | trackbacks(0) |
傍聞き
仕掛けと感動の珠玉短編。
説明しなければ理由がわからない。
だけどたまってその行動の理由を探る。
そしてその理由に気づいたとき、納得の出来事でした。
| 春色 | その他のな行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
消しゴムは嘘を消せない

離婚してヤケ酒をあおる男の前に突然現れた女性。
それがなんと透明人間だった。
見えない。らしい。確かに。
何でも消してしまえるという特殊能力を持つ女。
なんかSFの世界ですね。
そういう能力を持つ者たちの『組合』に追われている女に助けを求められ、
不思議な同棲生活が始まった。
離婚した元妻、その子供との関係も新に考える事態に。
透明であるというこがまるで単なるひとつの個性であるかのような受け入れ具合。
考えても考えなくてもおかしいのだけど、真剣に悩んでみる。
消えてほしいものほしくないもの。目に見えなくても信じられるもの。
うん。それだ。

| 春色 | その他のさ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
抱擁、あるいはライスには塩を
なんとも変わったタイトルです。
それの意味するものは読んでいたら理解できます。
3世代100年にわたる家族の歴史。
ロシア人の祖母、その子供たち、菊乃・百合・桐之輔。
そして次の世代の望・陸子・光一・卯月。
陸子が主人公のようだけどちょっと印象が薄いです。
望の父親が違って、卯月の母親が違って、それでもひとつ屋根の下に家族として暮らし、
子供たちは皆家に来る家庭教師から勉強を習い、学校へは行かない。
やはり普通でない暮らしなのだけど、
そういうのもありだと思える。
世間に出ていったとき、たとえば百合の結婚、菊乃の家出。
挑戦した彼女らはしかし柳島という家の人間なのだった。
100年も経てば時代は巡って変わる。
いずれ祖母世代を知らないひとばかりになり、
新しい世代が生きていく。
人は忘れ、生きていく。
 
| 春色 | ー江國香織 | comments(0) | trackbacks(0) |