本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
忘れないと誓ったぼくがいた
 もう随分前に読んだから記憶が定かでないけれど、
『その時は彼によろしく』とテーマが似ていますか。
読んでいてずっとイメージにありました。

いわゆる普通のまじめな高校3年のタカシ。
受験勉強もそこそこがんばっていた夏期講習で、
視力が落ちていることに気づき、地元のメガネショップへ行く。
この時に出会った、織部あずさ。
彼女との出会いが、彼をとことん変えていく。

よくある一目惚れだけど、あずさは普通の女の子じゃなかった。
彼女の持っていた特異性が信じられなかったタカシだけど、
信じるしかなくなって、
彼女を忘れたくないがための行為が、
その他、日常生活すべてを投げ打ってするしかなくなってしまった。

好きな子と、普通にデートをする恋人たちがどんなにうらやましかっただろう。
物語の中でしかありえないことだけど、
存在感!?について少し考えました。

あずさを守るため、
何か解決の糸口があるのではないかとタカシと一緒になって悩んでいました。
イワ爺が鍵を握っているのでは、とかね。

生きていく上ではある程度忘れることがあるから、
次の想い出が記憶され、その繰り返しだと思う。
でも絶対に忘れたくない、忘れるはずのない想いを必死になって守ろうとするタカシ。
冷静すぎる態度で受け止めていたあずさ。

タカシは絶対に忘れない。
そしてその想いはあずさに届くはずだと思っていたいです。
ちょっと青くさい物語のようだったけれど、
最後のタカシの想いにほろりとさせられてしまいました。









ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | その他のは行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。