本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
竜の涙
 小料理屋「ばんざい屋」に集うひとたちと女将との触れ合いが温かな、
『ふたたびの虹』に継ぐシリーズ2作めです。

前回で、いい感じになった清水とのことがもっと深く描かれるかと思ったのですが、
そこはさらりと踏み込まず、
主に新しく悩み多き女性たちが登場します。
また、店が入っているビルが建て替えられることになり、
立ち退きを迫られることに。
新しいビルに入るには、お金かかかる。
あまりお金がかからない郊外に新しく店を出しても、
きっと今の常連さんは来る事が出来ない。
お客の相手をしながらも悩む女将。
女将の決断は・・・
きっとまだ次の物語が出来そうな展開ですね。
楽しみです。

ミステリー色は前回の方が強かったと思いますが、
がんばって生きているはずの女性たちの悩みが、共感出来ました。
女将が作る料理と、温かさが彼女たちを救っています。
こんな女将がいる小料理屋なら、ひとりでも行ってみたいですね。

それから、
料理に対する姿勢や雰囲気から、
とっても好きな小説『八朔の雪』の澪ちゃんが重なって見えました。
どちらもとても好きな小説です。
澪ちゃんも、女将も他人のことばかり考えていないで、
幸せになってほしいですね。








ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー柴田よしき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。