本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
愛は苦手
 アラフォー女性が主人公の短篇集。
自分と同年代の女性の話なので、共感出来る部分がたくさんあり、
楽しく読めました。

結婚していても独身でも、悩みやかかえるものはある。
対男性に関してだけでも、妻として、愛人として、また後妻として、
どういう立場にいるかで、内容は違ってくるけれど、
馬鹿な女も、賢い女も、
やはり女の考えることはだいたいわかるかも。
男の考えることはやっぱりわからないけれど。

好きなのは『町子さんの庭』
ひとの幸せのために喜びを感じるなんて、
格好付け過ぎだけど、ありだよね。

あと、『たこ焼き、焼けた?』の智子や、
『愛は苦手』の星来ちゃんなど、少し大人びたことを言う子供がかわいい。

自分の周りにある『愛』に、改めて目を向けてみたいと思います。






ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | その他のや行の作家 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
本当にそうですね。いつもありがとうございます。
2011/02/22 8:52 PM
主人公たちの心境に共感できた気がします。
トラックバックさせていただきました。
2011/02/20 1:38 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
“アラフォー”って自分では笑って言えるけど、他人にそう呼ばれると、なぜか嫌。20代はみんな私に優しくて、30代も大丈夫と思ってて。でも、気がついたら前に進めないよ…。愛についてふと考える彼女たち―連...
2011/02/20 1:35 AM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/987