本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
クラリネット症候群
地元の同年代の作家さんなので、いつも気になる作家さんでもあります。
表題と、マリオネット症候群の二作あります。
マリオネットの方が長いし、おもしろいのにどうしてクラリネットの方が表題なのだろう。

まず、『マリオネット症候群』 
心と体が入れ替わる物語は数々ありますが、
これはまた、複雑ですよ。
人を殺してしまうと、殺された人の心が殺したひとの体にはいる。という。
殺された体は、もちろん死んでしまっているのだけど、
心は残って犯人の中に。
そして犯人の心は、体の奥深くに入ってしまったのか、
考えることは出来るのに、体に反応できないという。
んーー複雑だ。
それに、犯人といっても随分簡単に殺し殺されがあるのもだから、
悲惨さが何も感じられない。
おばあちゃんが、そういう体質だったらしい御子柴里美。
好きな先輩に、チョコレートを作って渡すも、
間違って毒薬をチョコにまぶしてしまったものだから、
先輩が死んで、自分の体に先輩が入った。
自分の意識はあるのに先輩へは伝わらない。
びっくりの設定です。

更に殺人が起こり、
父母の秘密が明らかになったけれど、またまたびっくりですよ。
最後に5人家族が出会ったのは・・
は〜こんなことよく思いつきますね。
先が気になってさらっと読めました。

そしてもうひとつは『クラリネット症候群』
クラリネットがこわれちゃた。という歌がありますが、
その歌の呪いのように、
どれみふぁそらしどの声が聞こえなくなってしまったものだから、
文章も抜け字ではちゃめちゃ。
おもしろい設定かもしれないけれど、
んーーなんだかいまひとつ。
マリオネットの方がおもしろかったです。



 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー乾くるみ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。