本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
凍りのくじら
父親が失踪し、母親は末期癌で入院。
ひとりで壊れそうな家族を支えて生きている高校生の理帆子。
父親が敬愛していた、藤子・F・不二雄のドラえもんの世界を理帆子も愛し、
ドラえもんの世界の深さを感じて生きている。
SFとは、少し不思議な物語だと言う藤子先生が遺した言葉があるそうです。
少し○○と、名付ける言葉遊びをする理帆子。

少し不在。少し不安。少し不幸。少しフレッシュ。少し不足。

ドラえもんの道具の名前でいくつかの章に分かれているのだけれど、
確かに、単なる漫画じゃないですね。
ドラえもんは偉大だ。

そんな理帆子の前に突然現れた青年、別所あきら。
ドラえもんの話をすると馬鹿にする同級生が多いなか、
理帆子の気持ちを理解してくれるこの青年はいったいどこから来たのか。

元カレの若尾が壊れっぷりが怖い。
父親に恩があるという叔父さん、
その叔父さんの子供、郁也や家政婦の多恵さんが壊れていく物語に少しの光を与えてくれていたのに、
元カレがしでかしたことで、悲劇が。
でも、光は失われなかった。

明らかになった別所の正体。
全く想像していませんでした。
途中まで、暗いばかりの話だと思っていたけれど、
後半のミステリーの要素がよかった。

少しでなく、すごくと付けることが出来るようになって、
理帆子も郁也も大切な人となって・・

ドラえもんが読みたくなってしまった。







 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー辻村深月 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。