本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
あるキング
 弱小球団仙醍キングスの監督が亡くなった日に生まれた男の子。
その弱小球団の大ファンな両親は子供に、王求と書いて「おおく」と名前を付ける。
将来、仙醍キングスに入団するのだから、
王という字を入れたい。
王に求められるはずだから、王求。
この両親、すごいというかおかしいんじゃないかと思うのだけど、
なんだか王求は、これでいいんじゃないかとも思えてしまう展開が待っていました。

小さな頃から野球の為だけに生活する。
徹底的な英才教育のようだけど、
ちょっと違う。

そうなることが当然であると思える。

途中殺人事件まで起きてあららと思っていたら、
困難な道を乗り越えていくからこそ、その先がある。
かのような展開。
不思議だ。
なんなのだろうこの雰囲気。
でも、嫌いじゃない。

どうも伊坂氏の『オーデュポンの祈り』に雰囲気が似ているように思ったのだが、
最後に、いつもの僕の小説と違うとの氏の言葉がありました。






ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー伊坂幸太郎 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
そうですね。少し物足りなかったですね。
2010/10/26 10:05 AM
藍色
ファンとして期待していたエンターテイメント性はそれほどでもなく残念でした。
トラックバックさせていただきました。
2010/10/19 6:00 PM
春色→モンモンさんへ
えっと、トラバさせていただこうと思ったのですが、ブログのURLを教えていただけませんか。
2010/03/13 7:06 PM
春色→モンモンさんへ
ぽち応援ありがとうございます。
松井選手のこと詳しくはわからないのですが、キングって感じですね。
2010/03/13 7:03 PM
モンモン
あるキング 読み終わりました。
MonMonは主人公を松井秀喜選手に重ね合わせて読み進めていました。
村ポチさせていただきました。
トラバいただけると嬉しいで〜す。
2010/03/13 5:37 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。 “王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の...
2010/10/19 5:48 PM
トラックバック機能は終了しました。