本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ふたたびの虹
最近あまり好みでない本が続いていて少し冷めていたのですが、
久しぶりに波長の合う本と出会えてうれしいです。

小料理屋『ばんざい屋』の女将と、集う人たちの日常の中に、
ミステリーの要素や、愛もありました。
常連客たちにはそれぞれ抱えるものがあるのですが、
女将との自然なやりとりの中から、重い荷を降ろしていくように温かい風に包まれていく様子は、読んでいてとても気持ちのいいものでした。

感じの良い女将にも、過去に何かがあったのだと思わせる要素があり、
先が気になります。

そんな女将に想いを寄せるようになった骨董屋の清水。
お客としての付き合いから、休みの日に会うようになり、
でも、すぐに恋愛にと発展しないのは、
女将に触れてはいけない過去があることを感じているから。
過去は気にしないけれど、
言いたくなったら聞きますという姿勢は、大人な対応だけど、
いい人過ぎてじれったい。
あ〜でも、清水が強引な人だったら、
女将の心は閉ざされてしまったかもしれない。

小料理屋だけあって、出てくる料理もおいしそう。
愛情込めて料理するとは、こういう事だと教えてもらった気がします。

女将の過去を知るひとたちが、ひとりふたりと増えてきて、
ついに知ることになった過去。
衝撃ではあったけれど、
やはりそこには愛が。

アンティークや骨董と言われる品もいくつか登場し、興味深かかったです。
指輪や、オルゴール、手から手へと伝わってきた歴史だけ、
物語があり、謎があり、手にする人たちの宿命をも背負う品々。
そして、奇跡が起こるのですね。


 
 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
| 春色 | ー柴田よしき | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→りんパパさんへ
小学三年生で、もう、こういう本を読むのですね〜
うちの子供達はもっと子供っぽい本を読んでいたように思います。
先を言ってしまうとつまらないでしょうけれど、女将の過去にあったことは「愛」ゆえのことなのだし、子供への「愛」も感じられます。
読んでも大丈夫だと思いますが、これを理解して読めたらすごいですね。
お父さんに似て本好きなんですね。
2010/03/10 5:28 PM
りんパパ
私もよくおばんざい屋さんの止まり木でほっこりしてから帰宅します。
まだ1話しか読んでいませんが、なかなか良い感じです。近藤史恵さんの『タルト・タタンの夢』に似た心地よさを感じました。

さて心配事があるのですが・・・。娘が自分の本を忘れてきた為、電車の中で奪いとられてしまいました。小3娘なのですが、熱中しております。
このまま読ませても大丈夫でしょうか?

PS)高田郁さんの「八朔の雪」第三巻タイトルは『想い雲』。3/15発売とのこと。楽しみです。
2010/03/10 10:43 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。