本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
あした咲く蕾
 今年最後に、とても好きな本に出会えました。
しばらく5つ星がなかったですが、
これは好き。

どうも世代が自分と同じで、同じ想いがとってもたくさんあって、
びっくりです。
哀しみも喜びも同じ感覚。
溢れる優しさに、たくさん泣いてしまいました。

40代くらいになって、子供のころを思い出してという設定が多いです。
実際に同じ年代の私は、子供の頃を思いだし、
感傷に浸ってしまったのかもしれません。


7つの短篇です。
どれもとてもいい話なので、覚え書きにしたく、書いておきます。
ネタバレになってしまうかもしれません。


続きに書いておきます。







 ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
『あした咲く蕾』
僕が出会った天使の話をしよう。
で、始まる物語。

事情があって突然大阪から出てきたお母さんの妹、美知恵。
関西弁で、がさつで、でも楽しくで仲良くなってきたのに、
母は、あまり仲良くしちゃだめだという。
それは、おばさんの命にかかわることだった。
何代かに一人、自分の命を分けてあげられる人がいる。
その力を持った美知恵おばさん。

自分の命をあげられればいいのにと思うほどのことに直面した場合、
実際には無理なこと。
でもそれが出来るとしたら、どういうことになるのか。

がさつで冷たそうなふりをしているけれど、
本当はとても優しいひと。
目の前で尽きようとしている命を見捨てられるわけがない。


『雨つぶ通信』

子供のころ、雨が降ったときだけ、
誰かの哀しみや寂しい思いの声が聞こえた。
そんな弘美は、母とふたり暮らし。
酔っぱらって暴れたり、借金を作ったりするしょうがないお父さんに愛想をつかし、
離婚をした母。
そんなしょうがない夫でも、
子供からしたら、好きな部分もあるのですよね。
実は私はこの話にはとてもわかる気持ちがたくさんあって、
涙がでてしかたありませんでした。
突然母親が連れてきた男の人。
いい人かもしれないけれど、
お父さんじゃない。
母との仲が険悪になるほど、素直になれない弘美。
そんな時出会った、レミちゃん。
全自動花ふぶき機、いいな〜
レミちゃんを助け、花吹雪に助けられ、寂しさの声が消えた。


『カンカン軒怪異譚』

偶然入った中華料理やさんは、
綺麗じゃないけれど、やたら元気なおばさんが、
中華鍋を振っていた。
このチャーハンを食べると元気になる。って。
カンカン大きな音を鳴らして豪快に作るチャーハンは、
とてもおいしそうに思えます。
ネギ卵チャーハン食べたいーー

『空のひと』

お腹の大きかった私を遺して空の上の人になっちゃった話。
あ〜死んじゃったんだと最初にわかるけれど、
出会いから、付き合いだして結婚。
そして生まれた子供の夢。
これは泣けた。
スニフみたいなあのひとに、ミイみたいな子供。
空のひとは永遠。

『虹とのら犬』

父親が家を出て母とふたり暮らしの設定も多いですね。
がんばって懸命に生きる母もいるけれど、
心が荒んでしまう母親も。
そして、子供もある事件がきっかけで、
どんどん暴力的で手がつけられなくなっていく。
盗難の犯人に間違われるというのは、
本当に哀しくて悔しいことです。
でも、軽度の知的障害を持つ女の子をいじめる友達とは、
違う態度を取れたのだから、
本当に悪くなってはいなかったのよね。

『湯呑の月』
母の妹、明恵おばちゃま。
少し心臓が弱くて、皆が優しい。
大好きなおばちゃまだけど、
子供であった睦美には理解できない大人の出来事が
母たち姉妹の仲を裂いてしまった。
嫉妬は悲しみを生んでしまう。


『花、散ったあと』
 子供のころから嘘ばかりつく友達。
末期がんに冒され見舞いにいくも、
最後の最後まで、うそをつかれてしまったね〜
そのほうが面白いじゃん。だって。
| 春色 | ー朱川湊人 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
この本よかったな〜最近こういう本に出会っていません。
2010/07/13 9:26 PM
藍色
全編通して優しさがあふれていてよかったです。
トラックバックさせていただきました。
2010/07/13 1:24 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
「赦されること」と「受け入れられること」 それがこの世の中で、一番うつくしいことだと思いませんか。 世界一、うつくしい物語。 どち...
2010/07/13 1:19 PM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/924