本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
製鉄天使
 赤朽葉家の伝説から、3年。
長女の赤緑豆小豆がレディース『製鉄天使』の初代総長として燃えた時代を描く。

全編、レディーズ、暴走族の世界です。
暴走して走ることも悪いのだけど、
売春、シンナー、弱いものいじめは厳禁。
やっていいのは走ることと、喧嘩と言われちゃったら、
悪いことしているわけではないような気さえしてくる。
人を倒したら、責任ってやつが宿る。
なんて言葉もかっこいい!
って思えてしまう。

『赤朽葉家の伝説』もすごく好きで、こういう話でてきてた気がして、
そして名前が小豆って名前だったかな〜と何か違うような変な気持ちがしたので、
読み終わってから赤朽葉家の伝説を確認してみました。

二部にやはり製鉄天使は登場して、マスコット的存在の女の子が言ったこともそのまま。
でも、やっぱり名前が違うのですよね。
あちらでは、毛毬。
そうそうそうだった。兄弟も、泪とか鞄とか変な名前でした。
漫画を描くことになったのは誰だったかな〜と、
朧げな記憶から辿ってみたら、レディース引退後に漫画家に、
それもレディース漫画を描くのが毛毬ですよね。

ようするに今回の製鉄天使は、赤朽葉毛毬の人生と同じだけど、
また違う、赤緑豆小豆の人生なんですね。






ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー桜庭一樹 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
そうですね。
ありがとうございます。
2011/01/18 2:19 PM
藍色
この作者さんらしい、思春期の女の子が題材の小説で、私はとても面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
2011/01/14 5:09 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
辺境の地、東海道を西へ西へ、山を分け入った先の寂しい土地、鳥取県赤珠村。その地に根を下ろす製鉄会社の長女として生まれた赤緑豆小豆は、鉄を支配し自在に操るという不思議な能力を持っていた。荒ぶる魂に...
2011/01/14 5:07 PM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/917