本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
日無坂
 真面目なだけが取り柄がため、
不器用にしか生きられなかった親子が主人公の時代もの。

笊職人の角造、おそよ夫婦は、読み書きに算盤に長けていたひとり息子を、
薬種問屋へ奉公に出した。
努力の甲斐あって跡取り娘の婿となり、主人になった利兵衛。

そして生まれた息子、利一郎にも跡取りだからと厳しく躾ける。
利一郎が安らげるのは、祖父母である角造の家に来るときだけ。
でも薬種問屋のおかみはいい顔をしないし、
行き場のない哀しみがあった。

次男の出産のときあっけなく亡くなった母親。
頼りの祖父母も次々と亡くなり、
利兵衛はついに家を飛び出してしまう。

父も息子も、まじめで一生懸命生きてきた。
子供に対して少しでも褒めるということをしていたら、
利一郎もこんなにも心閉ざすことはなかったのに。

婿養子に入ったため周りへの気遣いがあり、
子供に甘い言葉なんてかけられなかった利兵衛の気持ちもわからないではないけれど、
あまりにも不器用。

子供のころ親に叱られたことの意味がわかるのは、
ずっとずっと大人になってからなのでしょう。
どうしてあんなにも頑に心閉ざしてしまったのか。
それがわかった時に父は・・

過ちや後悔のないひとはいないかもしれない。
最後にはほろりとさせられましたが、
もどかしいです。





ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。