本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
リセット
 同じ名前の小説が他にもありますが、
今回は垣谷美雨さんのです。

専業主婦の香山知子は、人生をやり直したら女優になるのだと思いつつ、
夫と子供がいる平凡な毎日に空しさを感じている。

母に褒められたい一心でがんばってきた黒川薫は、仕事で活躍するも、
母になった妹たちの方が立派だという母の言葉に人生をやり直したいと思う。

男に騙され高校中退した赤坂晴美は、昼も夜もへとへとになるまで働き疲れているのに、
何の楽しみもない。

そんな同級生3人が偶然出会い、入った居酒屋から過去へ、
高校三年に戻ってしまう。

47才になった生活の記憶を持ったまま高校三年になった3人。
違和感があるものの、
今度は違う人生を歩のだとはりきる。

知子は女優へ。
薫は結婚。
晴美は玉の輿結婚。

二度目の人生を送ることになった三人は・・

一度きりの人生だからこそ。と思うときもありますが、
誰もが一度は、やり直せたのならと考えたことはあるのではないでしょうか。
私は・・後悔していることもあるけれど、
やり直した人生で、今の子供たちが私の元に来てくれなかったらいやだから、
やり直したくはありません。
なんて、かっこいいこと言ってみる。

小説の中の三人は、まったく違う二つの人生を送って、
いろいろなことが見えたのでしょう。
何が正解かは、わかりません。





ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

| 春色 | その他のか行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。