本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
花と流れ星
 気になる作家さんですが、
まだ読んた作品は少なく、
真備シリーズという他の作品をまだ読んでいません。
亡くなった奥さんのこととか描かれているのでしょうか。

亡くなった奥さんに会いたいため、霊現象探求所を開設している真備庄介。
助手を勤める北見凛。
この探求所に度々顔を出す、ホラー作家の道尾。

この三人が関わることになるちょっと不思議な話の連作短篇集です。

作家というと切れ者のイメージがあるのですが、
こちらの道尾さんはちょっと頼りない残念な感じなんですね。
真備さんは、すっごく頭が切れるひとみたいだけど。

最初の『流れ星のつくり方』が好きかな。
少年の孤独と悲しみの裏にある好奇心。
がんばれ。って応援したい。

『モルグ街の奇術』
は、怖い。
全然トリックわからなかったよー

『オディ&デコ』
幼なじみの女の子ふたりの気持ち。
少し大きくなって差が付いてくる時、
人と違うことがうらやましくて、いじわるをしてみたい気持ち。
わかる。
でも、本当のいじわるには中々なれない。

『箱の中の隼』
これはまた、あの宗教を想像してしまいますね。
先日読んだ1Q84に出てきた宗教もそんな怪しさ満載でしたが。

そして最後の『花と氷』
凛の心情。
素直に喜んで見られない結婚式。
真備の気持ちも。
孫を亡くしたおじいさんの気持ちも痛いほどわかる。
哀しんだひとはいつ笑えるのだろう。
それは、もう笑ってはいけないのではないかと思うほどの哀しみがあったということで、
経験したひとでないとわからないかもしれない。
でも、やっぱり少しずつ・・
花も咲くし、氷も溶けるのですよね。








 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー道尾秀介 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
ありがとうございます。
2010/07/13 9:23 PM
藍色
「花も咲くし、氷も溶ける」
記事の締めくくりの文章に共感です。
トラックバックさせていただきました。
2010/07/12 2:02 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
死んだ妻に会いたくて、霊現象探求所を構えている真備。 その助手の凛。凛にほのかな思いをよせる、売れないホラー作家の道尾。 三人のもと...
2010/07/12 1:57 PM
トラックバック機能は終了しました。