本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
モノレールねこ
 加納さんの小説はいつもとっても温かい。
今回も心動かされる短篇が8つ。
共通しているのは、何かを失った人たちの再生物語だということ。

どれも印象深いので、ひとつずつ簡単に書いておきます。

『モノレールねこ』
不細工で太った猫が家にくるようになる。
ノラだと思っていたその猫が、ある日首輪を付けてやってきた。
その首輪に手紙を挟んで、小学5年のサトルと、タカキの文通が始まる。
突然打ち切られてしまった文通。
数年後の再会。
ドラマだ!



『パズルの中の犬』
フリーマーケットで買った真っ白のパズル。
パズルを組み立てていく中に見たものは・・
小さいころのトラウマのような思いが忘れさせていたもの。



『マイ・フーリッシュ・アンクル』
家族が海外旅行中にホテルの火事で亡くなってしまった。
部活の合宿のため、旅行に行けなかったカスミ。
そして残ったのはどうしようもないだめだめ男の叔父さん。
叔父さんとはいえ、あまりにもダメ男でいらいらする。
でも最期にちょっといい話がありましたね〜
あらまあという感じ。


『シンデレラのお城』
世間や親の手前偽装結婚する男女。
男性の方は、婚約者を亡くしているが、
婚約者だった女性は今も側にいて一緒に暮らしていると言う。
普通だったら考えられないことだけど、
ありかな。と思えてしまう。




『セイムタイム・ネクストイヤー』
三十代終わりになってやっと授かった子供が、
たった5年で病気で逝ってしまった。
こんな場合、想いを断ち切ることなんて出来ないだろう。
気晴らしに旅行へ行こうという夫の言葉も断り、
ひとりである場所に出掛ける。
それは、娘の七五三のお祝いをしたホテル。
そこで見たものは・・
それから十年あまり、同じ日にそのホテルへ泊まることになる。
真相は、夫やホテルの人たちの優しさ。


『ちょうちょう』
一念発起してラーメン屋を始めた男。
順調に2号店も開店させた。
が、ずっと順調に進むわけではない。
真面目に取り組む店長がちょっとかっこいい。
胡蝶蘭の鉢植えを置いた蘭子のいたずら!?もいい。


『ポトスの樹』
これはまたダメ親父の登場です。
子供のお金をくすねる。
給食費までも。あちゃー。
なんだかいいとこ全然ない親父ですよ。
そんな親父を持ってしまった男が結婚し、子供が出来る。
初孫にメロメロな両家のじじばばたちがおもしろい。
最期にこんな衝撃事件が起こるとは。


『バルタン最期の日』
1匹のザリガニの視点で書かれた物語。
本当にこういうこと思っていそうでおもしろい。
帯に、ザリガニの話で泣くなんて。と書かれていますが、
なんかすごいザリガニですよ。
一家の危機を救っちゃいます。
こんな風に、家族のことを見ているのかもしれないですね。
うちの犬も、いろんなことをちゃんとわかっている顔してます。
バカなこともしますし、このザリガニちゃんみたいなことは出来ないでしょうけれど。








ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー加納朋子 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→りんパパさんへ
娘さん、次から次へと、読むのが早いですね。
でも同じ本読んで話が出来ること、うらやましいです。
私は今日買ってきました。『想い雲』今読んでいる本が終わったら読もうと思います。
楽しみ♪
2010/03/16 6:23 PM
りんパパ
娘がいま読んでいます。「どう?」と聞くと「まあまあ面白いよ。」と本を読むのを邪魔されたくない様子。結構気に入っているのだと思います。娘のあとに私も読もうと思います。

PS)先日は『ふたたびの虹』事件でお騒がせしました。結局娘は全部読み終えてしまいました。気に入ったようです。ありがとうございました。

3/15発売だと思っていた『想い雲』が昨日書店に並んでいました。もちろん即買いです。今日は少々寝不足です。(笑)
2010/03/15 7:52 AM
春色→YO-SHIさんへ
お越しくださってありがとうございます。
とても温かい物語を書く作家さんですよね。
本当に味わい深かったです。
2009/11/17 1:06 PM
はじめまして、YO-SHIといいます。読書ブログやってます。

この本を読み終わったところなんです。
8編それぞれに味わいがありましたが、私は「バルタン最後の日」が一番良かったです。

それから、右のサイドバーの「おすすめ」にある「てるてるあした」も好きですよ。
 
2009/11/16 5:38 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/875