本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
生きていることを楽しんで
 最後の特別編では、ターシャの写真がぐっと減って、
亡くなってしまったことを感じます。
その分、温かい絵や人形たちがたくさん。
ターシャが遺したものはとてもたくさんある。

人生感の総集編のような今作は更に、胸に響く言葉がたくさん。

前回、老いに対する姿勢のようなものを感じましたが、
更に感じたのが、変化した自分を受け入れる。
これって難しい。
なんとか以前のようにってみんな試行錯誤苦心するのに。

もっと、今を大切にしないといけないですね。

そのときそのときベストを尽くし、一日一日を楽しむ。
想像力の素晴らしさ。

打ち込める趣味や活動を探す。

この世は生きているひとのものだと言う言葉はとても奥が深い。
かわいがっていたコーギ犬が亡くなった悲しみをターシャはこうして乗り越える。

生きていることを楽しもう。


シリーズ4冊を読み終えて今、
ターシャの庭の風景が頭に浮かびます。
そしてその中に裸足で立っているターシャの姿も。






ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | 海外の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/874