本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
植物図鑑
うん、これ好き。

とっても甘〜い恋愛で、おままごとのようでもあって、
読んでいて恥ずかしくなるくらいなんだけど、
さやかになったつもりで、
イツキに惹かれていく過程を一緒に感じていました。

始まりもこれまさしく物語で、
行き倒れの男の子を家に入れることもすごいけれど、
そのまま一緒に暮らすなんて!
こんな風に、うまい展開になったからいいようなものの、
だめだよーー知らない人家に入れちゃ!

それでも、役割分担を決めて暮らし始めたふたり。
食事担当のイツキは、野にある植物を料る。
これが植物図鑑たる所以で、
植物に詳しいイツキの説明があり、
季節の植物を摘み、食卓が出来る。
一緒に出掛けていく様子や、
植物に接する様子がすっごくいい。


ほとんどインスタントやコンビニで済ませていたさやかは、
とまどいながらも、
その料理のおいしさに、はまっていく。
胃袋を掴むと強いのは、男女変わらないのね。

実際私は、野草などくせが強い気がして好きではないのだけど、
イツキの料理は食べてみたいです。
あっイツキが料理しなくちゃだめ!
って言ってみたりして。
(巻末のレシピで作ってみます(^^;

最初の章で、順調に行ったままでないことがわかるけれど、
最後は・・・

あーーここには書けない。

本屋さんで手に取って、久しぶりに即買いして正解でした。

あっそれから、前回読んだ『神様のカルテ』と、
イラストが似ていると思ったら同じひとでした。









 ランキング参加しています。

ぽちっと応援、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→LRさんへ
お久しぶりです♪
同じような感想を持たれたようで・・(笑)
その雰囲気を思い出しました。
たまにこういう甘い世界に浸るのもいいですね。
2010/11/13 9:21 PM
LR
お久しぶりです♪

私も読んでいて恥ずかしくなってしまいました(笑)
有川さんの本は、本当に甘過ぎて恥ずかしくてちょっと苦手だけど、でもまた借りてしまって幸せな気持ちにもなったりして…なんだか微妙な存在です。

今回も気がつけば、すっかりさやかになりきっていて、喜怒哀楽をともにしながら一気読みしてしまいました。

野原の様子などが目に浮かぶような描写や、その自然に対する樹のやさしい眼差しにもぐいぐい惹かれてしまいますよね。

とっても幸せな気持ちになった1冊でした♪
2010/11/12 9:46 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/866