本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
PINK
 真相が気になり、またも一気読みしてしまいました。

阪神大震災で、婚約者を亡くしたメイ。
忘れたくない忘れられない想いを胸に生きているも、
婚約者の由起夫とそっくりの男性、達也と出会い、結婚。
達也はいい夫で申し分がなく、幸せな生活をしていた。

ところが、ある1通のメールが送られてきたときから、
夫の達也の行動がまるで別人のように感じられるようになり、
不安になる。
この人は何ものなのだろう。

信頼して、愛して結婚したはずの夫が何者かわからなくなるなんて、
不安以外の何者でもないだろう。
ちょっとした癖とか、しぐさ、体臭など、絶対に本人とわかるものが違っている。
こういうことがわかるのは女性特有の感情で、敏感に感じ取るのだと解説にあるけれど、
確かに、女はよく見ているのかもしれない。


そんな中、夫が殺人容疑で逮捕される。

メイの周りにいるひとたち。
義理の妹、その婚約者。チャットの主催者。
友人であり宗教の教祖である奈津実。
それぞれいい人に見えるけれど、何かを隠しているのではと疑って読んでいました。

あの6000人以上もの死者を出し、
人々の心に深い傷を負わせた大震災を経験したひとたちは、
大きさの違いこそあれ、何かしらの痛みを今も抱えているであろうと
改めて思う。

由起夫のことを愛していた。
では、達也は?
真実を知り、達也の気持ちを知り、メイはやっと呪縛から解き放されたのだろうか。

先日読んだM8など地震をテーマにした作品だけでなく、
こうして阪神大震災で被災し、大切なひとを亡くしたひとが主人公になっている話をいくつか読んだように思います。
神戸の街が、見た目には立派に復興したのとは反対に、
今も痛みを抱えているひとは多いのだろうと思います。
それでも、生きていくため幸せになってほしいと願わずにはいられません。







ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
| 春色 | ー柴田よしき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。