本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
贖罪
 この作者の作品は1作目の『告白』の衝撃からこれで3作目。
いやーー文体はすべてそっくりです。
こういう文体が好きなのでしょうか。

『告白』同様、引き込まれる恐怖があり、
あっという間に読んでしまいました。

ある田舎町で起きた惨劇。
10才の少女が殺された。
その時直前まで一緒に遊んでいた4人の少女は、犯人と会話もしており、
目撃者となるが、犯人は逮捕されないままもうすぐ時効という年月が過ぎてしまっていた。

あの4人の少女たちのその後を、悲劇の連鎖が襲い始める。
4人それぞれが、告白の形で語り始めます。
亡くなった女の子の母へ。

あの時こうしていたら、
どうしてしなかったのだろう。って
どんなことも後悔はつきもの。
でも、あの時しなければいけなかったことは、簡単なことだった。
それなのに、罪深い人生を歩んで、
たくさんの命を失ってやっと、気づいた。

亡くなったエリカちゃんの母である麻子さん。
彼女の人生もまた、罪深い。
でも犯人はなぜ・・

あの人がなぜ・・

希望に燃えていた若いころ、こんな人生になろうとは思いもしなかった。
恋も罪なこと。

運命を狂わせ、人生を終わらせ、
知らないままでよかったことを知ることになり、
出会ってしまった。

これは男のひとが読んだら、女は怖いってことになるでしょうね。
でも男だって悪いよ。

ネタバレをしないように、詳しいことを書かないでいると、
なんのことかよくわからなくなってしまいますね(^^;

後味の悪さがあるものの、☆4つにしたのは、
やはりミステリー小説としての高揚感に包まれていたからかもしれません。





  ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー湊かなえ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/784