本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
筆子 その愛―世界で一番美しい涙の物語

評価:
山田 火砂子,車取 ウキヨ
ジャパンアート出版
実在した、渡辺筆子さんの生涯です。
サブタイトルに、「世界で一番美しい涙の物語」と
ありますが、その意味を知ったとき涙がほろほろ
悲しく涙する話は数多くあるし、涙もろい私はすぐに泣いてしまうのですが、
これはまた特別です。

明治の鹿鳴館の華と言われた才女でしたが、生まれた3人の子供がみな障害があったことから
人生が変わります。

挫けそうになった時もありましたが、
やはり頭のいい方なのでしょうね。

日本に初めての障害児施設を作り、
生涯を捧げました。

今は障害もその子の個性ととらえるなど、
考えかたや周囲の見方も違ってきていると思うけれど、
白痴と言われ
周囲の目から隠れるようにしかいられなかった時代でありながら、
子供たちにたくさんの愛をそそいで生き抜いた人生でした。

最後の場面、本当に美しい涙です。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ノンフィクション | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。