本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
人柱はミイラと出会う
 前回読んだ石持作品の『Rのつく月には気をつけよう』と雰囲気が似ています。
こんな雰囲気の連作ミステリー好きです。

とにかく、設定がおもしろい。
日本人で日本に住んでいるのに、いや、
自分が知らないだけで、こんな習慣があるのかしら。と
信じてしまいそうになる。
そんな不思議な習慣の数々から事件が起こります。

建築の成功のために地下へ数ヶ月閉じ込められる生活をする『人柱』という仕事。
昔昔は、人命を神に捧げるようなことだったようですが、
昔話にはよく生け贄というようなものが出てくるように、
そんな生け贄みたいなことがまさか行われている・・
と、思ってどきどき心配してしまいましたよ。
まさかね。

日本に留学に来ているリリーが知らない習慣を、
ステイ先の慶子、その従兄で人柱を仕事にしている直海の二人が説明したり、
特に直海はいつも鋭い着眼で、謎を解く。
なんでも知っている直海はすっごくかっこいい。
恋心を持つのもわかる。
なんかいい感じ。

その他、
議員に必ず付く黒衣の存在。
既婚者のお歯黒。
鷹匠の仕事。
知事が行う参勤交代、
などなど。

歴史の中で知った習慣や言葉が、今も普通に行われているかのような錯覚がありました。
それだけリアルな表現だったということでしょうか。









ランキングに参加しています。
ぽちっと、応援していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→藍色さんへ
そうですね。
いつも、ありがとうございます。
2009/11/04 6:47 PM
藍色
そうなんです。まさかって。
違和感なく読めましたよね。
トラックバックさせていただきました。
2009/11/04 6:03 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
粋な提案
留学生リリー・メイスは、日本で不思議な風習を目にした。 建築物を造る際、安全を祈念して人間を生きたまま閉じ込めるというのだ。 連作...
2009/11/04 5:23 PM
-
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
2009/07/05 2:05 AM
http://shunmama.jugem.jp/trackback/771