本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ふたつめの月
近藤史恵さんの本をたくさん読むようになりましたが、
こういう温かい謎解きものが多いですね。
どきどきの本格ミステリーもいいけれど、
こういうちょっとほのぼのするものは読んでいて安心します。

現実とは違うものを小説に求める私ですが、
ほんの身近にありそうな物語は感情移入しやすくて読みやすいです。

3つの話からなっていますが、人物、背景は同じで続いています。
リストラされて落ち込む七瀬久里子。
彼なのか、友達なのかの弓田譲は料理の勉強のためイタリアへ行ってしまった。
お互い心のうちを話す間もなく・・

手紙をくれたりしている様子を見ると、
彼のほうも久里子を好きだと思うのだけど、
どうして言ってあげないのかな〜
女は確かなものがほしいのよ。
すぐ結婚とかでなくても、
ただ「好き」と言うだけでいいのに、
もーやきもきするな〜
譲の隣に住む女の子、明日香も登場し、
様子を見ていれば、明日香も譲のことが好きそうなのわかるよね。
うん。わかりやすい。
でも久里子も譲と同じように鈍感なんだ。
似ているのかな。このふたり。

久里子がいつも悩みを相談していた赤坂という謎の老人の存在が、
ちょっとした物語のスパイスになっていて、
ラスト、ふたつめの月が優しさだと気づきました。
よかったです。





 
 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー近藤史恵 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。