本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
いちばん初めにあった海
 表題の『いちばん初めにあった海』と、『化石の樹』2編の、
ファンタジックミステリー。

『いちばん初めにあった海』

ひとり暮らしをしている堀井千波。
ある日部屋で、読んだ覚えのない本を見つけ、
その本には封を開けていない自分宛の手紙がはさまれていた。

学生のころ出会った結城麻子は彼女にとってどういう存在なのか。

いろんな謎が交差しています。

身近なひとが多く亡くなっていて、
心に深い傷を負っています。

目が見えなくなったり、
しゃべれなくなったり、
心の傷は、体にも不具合が起こり、
精神すら危ない状態。

でも、パズルのピースがはまって行くように、
わかってきました。

双子の弟のこと。
母のこと。
婚約者や子供のこと。

そして、千波のことを心から心配していた麻子がいました。

『化石の樹』

母親から愛されなかった少女の物語。
金木犀の樹になぞらえて、不思議な物語になっています。

なんとなくこの少女、『いちばん初めにあった海』の麻子のイメージで読んでしまいました。
これは全く違いますよね。

母の本当の願いがわかって、少女は幸せをつかむことができるでしょう。






 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー加納朋子 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。