本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ステップ
 妻を亡くした夫。という設定多いですね。
最近読んだ重松氏の本でも、
『とんび』『希望ヶ丘の人びと』が、そうでした。

とても呆気なく妻が亡くなってしまい、
子育てに、日々の生活に四苦八苦する男のひとの姿。
でも、似た設定だと同じような内容になってしまうのではないかの危惧がありましたが、
同じ家族や、同じ人生がないように、
今回もまた、違った人生を見せてもらいました。

こちらのパパさんは、まじめだな。
妻の両親との付き合いも、
たとえ子供、義父母からしたら孫がいるとはいえ、
こんな風にうまく付き合っていくのは難しいですよね。きっと。
まだ1歳半だった美紀ちゃんだから、
手助けが必要だったとは思いますが。

あっ先日読んだ『ささらさや』とも似たところがあります。
あちらは夫が亡くなっていますが、
兄弟や義父母が、子供を引き取ろうとするところ。
気持ちがわからないでもないけれど、
やっぱり父親なり母親なりどちらかが生きているのなら、
だとえ兄弟にでも養子に出すことはできませんよね。
すっきりさせて再婚を薦めるなんて。
どこがすっきりするのでしょう。

今回の義父母も兄弟も、とてもいい人みたいで、
そんなに強気な態度に出ることはないのでよかったです。

1歳半だった美紀ちゃんの成長と合わせて、物語は進みます。
昨日出来なかったことが、今日は出来るようになる。
わからなかった気持ちがわかるようになる。
子供と接することの感動や喜びを感じました。

人生は設計図通りにはいかない。
でも、何度でも書き換えればいいのだと、
教えてもらいました。




 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー重松清 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→時折さんへ
ありがとうございます。
時折さんと比べるととっても駄文で恥ずかしいですが(^^;
2009/06/04 6:39 PM
TBさせていただきました。
人生の設計図の書き直しに明け暮れる日々です。
2009/06/03 8:12 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。