本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ささらさや
 少し前に読んだ『てるてるあした』の姉妹本です。
知らなかったけれど、こちらが先みたいですね。

『てるてるあした』に出てきた愛すべきおばさまたち、
久代さん、お夏さん、珠ちゃん。
とっても個性豊かで、傍目にはうるさく感じるかもしれないけれど、
こういう人たちと接してみたいです。


物語は、子供が産まれて幸せの絶頂にいるときに、
突然の事故で夫を失った女性、サヤが主人公です。

いきなりの事故の場面で悲しいはずなのに、
事故にあった夫自身の語りで、自分の葬儀を見ているという、
映画『ゴースト』のような展開なので、
死んだなんて思えないですね。

誰かの姿を借りて、サヤの困った場面に現れる夫。
大事なひとを亡くした経験があるひとなら、
たとえ姿が変わっても、自分の前に現れてほしいと思うでしょう。

泣き虫で、弱虫なサヤ。
ちょっとじれったくなってしまいます。
子供のユウスケが、夫の家族にもらわれてしまいそうになり、
逃げるようにやってきたのが、佐々良という街。

そこで前述のおばさまたちに出会います。

夫が現れるときに言う「馬鹿っサヤ」って言葉がとてもやさしさに溢れています。
どうして死んじゃったのよーーって思うけれど、
たくさんのやさしさに包まれて、
ユウ坊の母として、
サヤも成長しているのですね。
夫の力を借りなくてもなんとかなるとわかったとき、

夫との永遠の別れが訪れる。


『てるてるあした』にはサヤの子供、ユウ坊の不思議な力が描かれています。
おばさまたちのその後も。
興味があるかたは是非、2冊合わせて読んでみてくださいね。







  『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー加納朋子 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→りんパパさんへ
まあそれはとっても興味深い企画ですね。
今早速ちょっとHPをのぞいてきました。
私もリストにいれなくては・・
いつもありがとうございます。
2009/05/30 6:07 PM
りんパパ
私も『てるてるあした』を読んですっかりファンになってしまいました。『ささらさや』も既に購入済みですが、なんせ遅読なものですから。(苦笑)

それでは、加納朋子さんネタです。角川文庫が下記の企画を始めました。以下抜粋、
全国の書店員さんの中から、角川文庫のエキスパートである「文庫のソムリエ」の皆様方にご登場頂き、角川文庫との至高の出会いを提供していただきます。
この企画で、ある書店員さんが加納朋子さんの『いちばん初めにあった海』をご紹介されています。
書店に行くと文庫ソムリエ推奨の帯がついています。
早速リストに入れました。

それではまた。
2009/05/30 2:09 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。