本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
プリンセス・トヨトミ
 単行本だったらほとんど1日で読んでしまうのに、
3日かかってしまいました。
なぜか中盤まで読み進まなくて・・

ホルモーの時と同じ匂いがします。
不思議な世界観だな〜

大阪が全停止したところから遡って物語の詳細が語られます。
会計検査院の3人はそれぞれキャラがたっていておもしろい。
アイスを食べていたら松平だってわかるし、
人が振り返ったら、旭・ゲーンズブール。
かなりの美人らしい。
鳥居はなんやかんや奇蹟を起こす。
そこに普通の中学生の、大輔と茶子がどんな風に絡んでくるのかと思ったら、
大輔の父親の秘密が明らかになり・・

鳥居の奇蹟で、所々付箋が付けてあるみたいなので、
こことここが繋がっているんだな、とわかります。

男たちが長年守ってきたもの。
そのとき女は・・
女たちのことがわかったとき笑ってしまいましたけれど、
父と息子の関係や絆もあり、読み終わってみたらすっきりしていました。







 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | その他のま行の作家 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
もとこち
初めて万城目ワールドに浸たりました。今までに経験のない世界ですが、グイグイ引き込まれてしまいました。これも大阪に単身赴任中であり、よりリアルに想像してしまうからなのでしょうか?
また映画も近々上映されますが、個人的には旭 ゲーンズブール役は滝川クリステルさんだったらなーと勝手なことを考えながら読んでいました。(笑)
2011/05/16 8:39 AM
春色→りんパパさんへ
わっそうですね〜
ありがとうございます。
今から更新します。
2009/04/28 9:28 PM
りんパパ
春色さん
りんパパです。

本の内容と全く関係なくて恐縮ですが、気になったので。

ブログトップの☆4つの中に「マーリー」と「てるてるあした」が抜けているようで・・・。

けっして神経質な性格ではないのですが(笑)

また読書感想等もお伝えしますね。
ではまた。
2009/04/28 3:27 PM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/714