本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ま、いっか。
 この言葉を聞くと、荒太くんを思い出す・・
(わからない方すみません)
たまには、こう言ってみてもいいんじゃないかと思います。
「ま、いっか。」
肩の力を抜いてね。
(いつも抜けているじゃんと言われそうな私ですが)

エッセイです。
前半は、大人の男の魅力たっぷり。
でもチョコが大好きで、バレンタインが楽しみなんて、
イメージじゃなかったな〜
花を育てるとかもね。
かわいいなんて言ったら失礼ですけど、かわいいです。

40才で小説家デビューだったとは知りませんでした。
小説を書く上での信念といったようなものも見え隠れしていて興味深いです。

一輪の花も咲かぬ小説は芸術としての価値がない。
とか、
主人公の魅力。
とか、


あと印象的なのが、
幸福を確認するだけの時間をきちんと持たなければ人生は灰色である。
ワーカホリック(仕事中毒)だと浅田氏も言っておられますが、
そんな日本人は多いでしょう。
そんなひとこそ、「ま、いっか。」
って、言ってみたらいいかもしれないですね。









 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー浅田次郎 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/713