本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
おそろし
 なかなかの長編ですが、一気に物語の世界に入り込み、
あっという間に読んでしまいました。
さすが宮部さん。

ある辛い事件から心を閉ざし、己を責めるおちかは家に居づらくなり
叔父の家に預けられることに。
おちかを案ずる叔父は、「変わり百物語」を聞くように言う。
そしておちかは不思議な哀しい話を聞くことになります。

題名から、とてもおどろおどろしい話かと思い、
怖いかなと思ったのですが、
宮部さんの表現力の成せる技か、死人がたくさん出ているのにそんなに怖くはありません。
それに、怖さより哀しみのほうが大きいからかもしれません。
これ映像になったとしたら最後の場面など怖くなりそうですけどね。

人間のおそろしい部分が表に出てくると、
日々地道に賢明に生きている人たちに不幸が訪れるかのような。
愛してしまったために崩れていく人生。
心を遺して逝ってしまったひとたちの想い。

亡くなった人が現れることは不思議に違いないのだけど、
会ってみたいとも思ってしまった。
いや、怖いひとはいやだけど。



印象深いのは、お彩と市太郎の話かな。
以下、ちょっとあらすじ書きます。








罪深い姉と弟の物語。
病弱だったお彩は環境のよい場所で生活するように預けられる。
調子がよくなり江戸に戻ってこようとする度、
病気がぶり返し引き返すことに。
結局戻ってこれた時にお彩は17才になっていた。
そして弟の市太郎は16才。
自分の家とはいえ14年ぶり、家族として馴染めるかの皆の心配は杞憂に終わり、
すぐに皆と仲良く暮らすお彩。
気立てがよい上に、輝くばかりの美貌。
仲良しの姉弟はやがて、互いにそれ以上の愛情をもつことに・・
連理の枝という言葉が印象に残ります。
使用人たちが気づき出し、知らぬは両親と妹。
それを両親に忠告した宗助だったが、
激しく怒り叩きのめされ、命をも落としてしまうことに。
ふたりを離れさせようと市太郎を奉公へ出すことにする前日、
お彩は自害してしまう。
不幸は続く。
それでも奉公先でがんばる市太郎。
そして奉公先の娘を嫁に連れて戻ってきた。
お彩のことは忘れてがんばっているものと思っていたのに、
全然忘れてはいなかった。
想いを閉じ込めていたお彩の鏡が・・・解き放たれたとき・・
命を落としたのは市太郎の嫁お吉。
お彩が乗り移ったお吉を殺してしまったのは母。
姑が嫁を殺す。
何も悪くないはずのお吉が命を落としてしまったのは哀れでしかない。
母も父も、罪人になってしまい、
市太郎はお彩と同じように自害する。
ひとり残った末の妹の語るその話に、おちかは自分の身の上を重ねるのだった。


おちかの話も含めてあと3つ。
どれも哀しい物語。
避けることの出来ない運命だったのかもしれません。
でも遺された者たちは、運命を受け止め生きて行く。
もう振り返らない。

あまりに哀しい話ばかりだけど、読み返したくなりそうです。
そして続きがあれば読みたいです。




 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー宮部みゆき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。