本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
てるてるあした
 子供も、大人も、知り合いだとか何の関係がなくても、
「ありがとう」
が言えること大事ですよね。

薦められて読みましたが、たった1冊の本から多くのことを教えられた気がします。

がんばって合格した高校に、
親が入学金を払ってくれないため行くことが出来なくなってしたった照代。
謝金取りに追われ家族で夜逃げすることに・・
おまけに両親とは別に、行きなさいと言われて照代が行ったところはすごく田舎で・・

おばあちゃんや、おばさんや、子供や、おかしな同年代の女の子、たくさんの人に出会い、
働くことを学び、
勉強の大切さを学び、
子供から素直さを学び、
物を大事に使うこと、
先のことはわからない。なんてことまで、

なんだか想像するにはちゃめちゃな人たちばかりのようでいて、
皆、温かい。

誰もが、愛されるため産まれてきたのだと思いたいけれど、
そうでない子もいる。

子を愛せない親もいる。

愛してほしかったら、まず自分から愛したらいい。

最後に、久代さんの手紙から
 本を読みなさい。とあってとても共感しました。
 その理由にも。
私もそうかもしれない。

久代さんの言葉を忘れないようにあとは、続きにメモしておこうかな。








  『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
気を抜かず勉学に励むこと。
目上の人を敬うこと。
他人を羨まず、自分に誇りをもつこと。 



胸に染みます。
| 春色 | ー加納朋子 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→りんパパさんへ
読書は、自分のペースでするのがいいかもしれませんね。
でも娘さんが本を読むのは親としてうれしいですね。
うちは息子ばかりで、娘はほとんど読みませんから。
りんパパさんにお薦めいただく本は、どれもとっても素敵な本ばかりです。
『ささら さら』も、ちょっと検索してみたらすっごく読みたくなりました。
でも、図書館にはまだなく、近くの本屋にもありませんでした。
ネットで注文しようか迷っています。
2009/04/15 6:51 PM
りんパパ
私も娘に「本を読みなさい。」って言いたいのだけど、私よりも多読速読で「まだその本読んでんのー」とプレッシャーかけられる始末です。
小学生の頃はマンガ本しか読んだ記憶がない自分と比較してしまいます。
本とは長く長く付き合って欲しいので「そんなに急いで読まなくても本は逃げていかないよ。」と言ってしまいます。

さて『てるてるあした』楽しく読まれたようでホッとしました。春色さんとは感性が似てるのかな?(笑)
私は機会があったら姉妹本である『ささら さら』も読んでみたいと思っています。

ではまた楽しい読書を。
2009/04/15 7:45 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。