本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
さよなら渓谷
 内容の予備知識をなにももたないまま読み始めたので、
最初に起きた隣人の幼児殺害事件で、
実際のあの事件を思い出し、そこが焦点かと思ったら、
物語の中心は隣に住む夫婦でしたね。

その他にも、大学生の集団暴行事件や被害者と加害者の関係、
重い問題が次々と・・

事件の当事者がいくら静かに過ごしたいと思っていても、
周りの状況はこんなにも厳しいのでしょうか。

以前読んだ、『心にナイフをしのばせて』を思い出しました。
未成年だったため守られ更正して弁護士にまでまった加害者と、
日陰のように暮らしてきた被害者家族。

今回の小説では、悩み悔やみ続ける加害者青年。
どこへ言っても逃れる事は出来ない。

ただ謝りたいという気持ちは受け止めてあげたい。
でも実際に当事者、関係者になったら、
とてもそんな気持ちにはなれないでしょう。

どこまで行ってもすくわれない。
気持ちが重くなってしまいました。




  『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー吉田修一 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。