本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
青のフェルマータ
 心に傷を負い言葉を失った里緒がやってきたのは、
イルカとふれあうことが出来るオーストラリアの島。

イルカの世話を手伝いながら暮らす。
老チェリストからもらった曲『フェルマータ・イン・ブルー』
彼女の奏でるチェロが響く景色の美しさが見えてきました。

島に暮らす人たちそれぞれの想い。

イルカに癒しや救いを求めてやってくる人たち。

心は簡単には開かないけれど、
少しだけでも、前へ。

1年に一度だけという珊瑚の産卵。
まるで海に降る雪のようなその景色。
そんな感動的な景色を見せてくれたのは・・

同じ心の痛みを持つ彼。
彼の態度は哀しいほどに痛ましい。
素直になれる日がきますように。

ちなみに、海に降る雪というと、
マリンスノウと言われるプランクトンの残骸もありますよね。
それが要になっているドラマ『Summer Snow』にかなり思い入れがあるので、
その場面になったとき、どきっとしてしまいました。





 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | その他のま行の作家 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→natuさんへ
あららそうですか。読もうと思って買ってしまってあります。
村山さんの作品も奥が深いですね。
また感想お待ちしています。
2009/04/01 6:17 PM
natu
ご無沙汰しております。新堂冬樹さんの「アンチエニシング」読みました。外れですね^^;

新堂さんらしくない作品と言ってもいいです。


今、村山由佳さんの「ダブルファンタジー」を半分まで読んでいます。前、評判では官能小説という触れ込みでしたが、私は別の観点でみてます。官能って一言で割り切れないもっと奥の深い作品だと思っています。
2009/04/01 4:41 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。