本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
誘拐
 ほーーこう来たか!

誘拐もののミステリーは今までもいくつか見てきたので、
ちょっと過去の感想を読んでみたのですが、
似ているものがありそうでやっぱり違う。

ある意味では『大誘拐』がちょっとだけ似ていますね。
あっでもこれを書いたらネタばれになってしまう・・

現代社会の問題がたくさん盛りこまれ、
まずはリストラから始まりました。
葛原さんがリストラされなかったら起きなかったことかもしれない。
娘たちのつながりがあり、
責任はいったい誰にあるのか。

誘拐の狙いはどこにあるのか。
最初はわからなかったのですが、
星野警部のするどい視線から、事件の概要がわかってきました。
でもやはりどんでん返しはありました。

警察の組織の複雑さ。
事件解決までの組織作り。
実際もこのように行われているのでしょうか。

警察側からの視線、被害者側からの視線、
一般人としてはわからないことが多いですが、
秋月も被害者のひとりであったと思います。

その他ねたばれになりそうなことは続きに書きます。




 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
読んでいておかしいと思うことがいくつかありました。

祖母(秋子)の携帯番号をどうして知っているのか。
入念な準備をしたことはわかったけれど、
それだったら余計、百合がひとりでいる時間があるとは思えなかったのでは。
なのに計画実行の日に、 その時間に百合はひとりになる時間があった。

監禁中、睡眠薬を摂取させ記憶がないということが変。
医療の知識があるわけでない人たちが、そんなうまく記憶を無くす状態に睡眠薬を使うことが出来るのか。

その疑問は最後に解決されましたね。
真犯人がわかったとき。
| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。