本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ボックス!
  本屋大賞候補になっている本、
今年、長編が多いですね。
でもやはりおろしろい。
あっという間に読めました。

高校のボクシング部が舞台。
物語の中の耀子先生と同じく、
ボクシングというものをほとんど知らない私は、
すっごく耀子先生の気持ちになって読みました。


個人の勝ち負けがはっきりと別れるスポーツは多々あれど、
勝った負けたとこれほど感動するとは、
後半丸野さんのことがあってからずっと泣いていました。
もうぼろぼろ・・

スポーツだとわかっても殴られるのを見るのは辛い。
特に身内や知っているひとの試合は、見られないだろうな〜
物語だと思っても、かなりリアルな表現にひやひやしっぱなし。

鏑矢と木樽の本物の友情。
本当に強い男って、こういうことを言うのかと。

才能があるないに関わらず、努力するからこそ見えるものがある。
おちゃらけていた鏑矢の成長。
そんな鏑矢に憧れて始めた木樽のボクシングに対する姿勢。
そんな木樽の姿勢は、監督も他の部員も変えていく。

男の、何かに真剣に生きる姿勢ってかっこいい。
惚れちゃうよ(^^;

うわっ今、ボクシングの試合後亡くなった方のニュースをやっていました。
お悔やみもうしあげます。
やっぱり危険なスポーツであることはかわらない。











 
 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー百田尚樹 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→もとこちさんへ
あー『永遠の0』の言葉を見ると心が騒ぎます。あまりに、
いいいいと押してしまうと逆に引いてしまわないかと心配ですが、永遠の0は、本当に好きな作品です。
参考にしてくださっているとのこと、うれしいです。
が、プレッシャー(^^;
ありがとうございます。
2010/05/13 8:49 AM
もとこち
既にお読みになっていたとは露知らず失礼しました。

久々にぐいぐい引き込まれる物語でした。ボクシングというと○○兄弟のようにボクシング以外のことが話題になる、またややもすると世間から冷たい視線を浴びせられがちなエンターテイメントだと認識していました。
でもアマボクシングは違うことがよくわかりました。実に爽やかでストイックな競技。
市原隼人くん主演の映画もちょっとのぞきたいな。(笑)

それにしても百田尚樹さんは懐が深いなー。『永遠のゼロ』『風の中のマリア』『聖夜の贈り物』・・・。まだ読めてないのがたくさんあります。

春色さんの感想がとても参考になります。いつもTakeだけですみません。
それではまた。
2010/05/13 8:26 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/685