本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
回転木馬
これは、以前読んだ『観覧車』の続きです。
こちらだけでも楽しめましすが、
やっぱり『観覧車』を読んでからのほうがいいと思う。
実はとっても続きが気になりながら、文庫になるのを待っていたのですが、
待ちきれず・・・図書館利用。

失踪した夫を待ち続ける唯。

仕事に出掛けたまま、なんの連絡も手紙もなく消えてしまった夫。
自分の意志で失踪したのなら、
妻を裏切っているはず。
かもしれないでなく、はず。
そんな思いがあれど、探さずにいられない。

どんな理由であっても、もう一度夫に会いたい。
ただそれだけ・・

夫失踪に関わるだろう人たちを訪ね歩き、いろいろな人生を知る。
決して幸福とはいえない人生も、
人生は結局自分の人生、ただひとつしかなく、
他と比べてもしかたがない。

でも夫、貴之の人生は、いつのまにかひとつでなくなってしまったかのよう。

現実を受け止め、後戻りはできない。

パズルが完成するように、謎が解けていく。

貴之の気持ちも唯の気持ちも、12年前と比べ色あせることなく・・


よかったね。




 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー柴田よしき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。