本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
カシオペアの丘で
単行本の上下巻ってなかなか買えないので、
最近地域の図書館を利用するようにしました。


この本は昨年の本屋大賞にノミネートされていたし、
ずっと読みたいと思っていました。
悲しい本かなと思いながら・・・


幼なじみの4人。
紅一点の美智子を囲み、いろんな思いが交差する。
うーーんと子供のころは、ただ気の合う友達でいられたのに、
本人たちには罪のない、
どんな家に生まれ、どんな両親がいてということが絡んできて
ただの友達のままではいられなくなってしまう。

人は生まれたときから平等ではない。
お下がりの自転車をやっと手にいれることができる子もいれば、
最新式の自転車を何の苦もなく与えられる子もいる。
子供たちに罪はない。

事件、事故、病気、運命だと片付けられない理不尽なできごとが起きる。
誰を恨むことも出来ない。
いや恨んだほうが楽なのかもしれない。

嘘をつかなくてはいけない時もある。
とっても大切なひとの命の期限が近いとき、
自分だったらどうするだろう。
逆に、自分が病気になったとしたら・・

一生懸命生きてきたはずなのに過去に深く縛られている4人。
好きなひとの過去を知りたいと思うことは悪いことではないかもしれないけれど、
知らないほうがいいころもある。
過去をやりなおすことも、消し去ることも出来ないのだから。

さすが重松氏、琴線にふれる小説でした。







 『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー重松清 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。