本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
天国までの百マイル
 死を身近に感じる小説は多々あれど、
やっぱり誰もが避けて通れないこと。
いろいろと考えさせられます。

今回は親の病気、に伴う介護、兄弟が4人もいても充てにならない。
こういう時に出る態度で人がわかる。
もうにもならない事情がある場合もあるかもしれないけれど。
この場合は違いますね。


一番親のことを考えいるのは末っ子の安男。
なにしろ上3人は、それなりの立場や収入、家族があって生活しているものの、
安男は、会社を潰し離婚したなさけない立場なのです。

早くに死んでしまった父親の代わりに、
ずっと働いて働いて兄弟4人を育ててきた母親。
貧乏したけど、みんな立派になって、
心残りは安男のこと。

このお母さん立派です。
見舞いにもあまりこない他の子供たちを責めるでなく、
貧乏時代のことは忘れたほうがいいのだと。
まぼろしの父が教えてくれた。

安男の周りにはいい人がいっぱいだ。
元妻の英子も立派。こんないい奥さん、離しちゃだめだよ。
子供たちには泣かされたし、
マリも、大人のいい女。

母親の手術をしてくれる病院まで、百マイル。
自分で運転して連れていく。
天国へいく前に、まだまだ出来ることがありそうね。







『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー浅田次郎 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/659