本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
北緯四十三度の神話
JUGEMテーマ:読書

『四日間の奇蹟』の印象が強く残る作者です。
その後読んだ『雪の夜話』もですが、
異空間の神秘といううメージがありました。

今回もタイトルに神話とありましたので、そんな異空間を想像して読み始めました。

まず、今回は、異空間ではなく、
人間ぽいです。
心のすれ違いが生む歪み。

最近どうも親が亡くなる小説ばかり読んでいるように思ってしまうけれど、
今回は両親そろって亡くなってしまいます。

もうひとり大事なひとも。

いつものように交わした言葉が、最後の言葉になってしまう。

最後に話した言葉は・・

変わってしまう日常。

姉妹で祖父母に引き取られ
意外とスムーズに暮らしてきたように思ったけれど、
(経済的に余裕があったのはよかったよね)
姉妹の心の距離が微妙に開いていく。

決して嫌っているわけではない。
お互いが気になるし、大好きなんだね。

私は一人っ子なので、こういう姉妹の気持ちがいまひとつわからないのですが、
姉妹という関係に限らず、
何故か微妙に距離が開いてしまうことがあります。
はっきりとした原因があるわけでなく、
いや、やっぱり後悔すべきことがあるように思います。

あのときこうしていたら。って思いはどんな時もあるから。

そんな時、救ってくれるのは
言葉や音楽かもしれないですね。


あっそうそう『雪の夜話』に出て来たひとが出ています。
こういう遊び、楽しいですね。










  ↓『読んだよ』の印にぽちっと、していただけたらうれしいです。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:読書
| 春色 | ー浅倉卓弥 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。