本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
食堂かたつむり
JUGEMテーマ:本の紹介


表紙のかわいさで手にとった本です。
そして帯で『食べること』の物語だと知り、購入しました。

主婦なので、毎日料理をすることが当たり前ですが、
単調になったり、
面倒になったり・・するので、
改めて食の楽しみを知りたく、その中でどんな物語があるのか興味深々でした。

始まりは予想に反して、恋人に逃げられてしまった場面からです。

実家に帰り、小さな食堂を始めるのですが、
調理の才能がすばらしい。
才能だけでなく、とってもとっても好きみたい。
食材を最高の形に調理することに無類の喜び、幸せを感じています。

食べるひとその特定の人のために作る料理。
その人が何を考え、どんな状況か、理解して作る料理。
たとえどんな状況かわからなくても、
これだけ料理を真剣に、愛することができるなんてすごいの一言。

手間のかかることを少しも面倒に感じない。
こんな風に調理された料理を食べられたら幸せだろうな。
料理って人を幸せにするんですね。

なんだかんだ言っても、おいしいものを食べるときの笑顔っていいしね。


以下、ちょっとだけ最後の部分に触れるので、ねたバレだめな方はご注意ください。






こんなにおいしい料理が作れる倫子だけど、
お母さんに対して誤解があり、うまく接することが出来ません。
お母さんも・・

最後にその秘密が明かされましたが、
うう・・・涙
不意打ちだ・・

その前に、エルメスの運命もちょっと・・
仕方ないのだけど、命だよね。
調理するってことは、命をいただくってことだと、
改めて思いました。

母と娘の関係。
さだまさし氏の『眉山』に似ているような。



ランキング参加しています。
読書日記で、4位か5位をうろうろ・・・応援ありがとうございます。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー小川糸 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
春色→kiiroさんへ
お返事が遅くなってしまいました。
ありがとうございます。
食のことをいろいろと教えてもらいましね。
ぬか漬け、おいしく出来るといいですね(^^)
私もしようかな。
2010/01/03 4:21 PM
はじめまして。
私もこの本を表紙のかわいさで手にとりました〜^^

丁寧にごはんを作ることの大切さを教えてくれた気がします。来年はぬか漬けにチャレンジです!←すっかり影響されました(苦笑)

TBさせていただきますm(__)m
2009/12/31 10:20 AM
春色
応援ありがとうございます。
単なる主婦の戯言で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。
2008/03/24 6:49 AM
そばほり
トラックバックありがとう。
ブログ村のランキングに協力させて頂きます。
1位に行けると思いますが?
そばほり
2008/03/24 3:53 AM
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。