本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ゆらゆら橋から (集英社文庫 )
JUGEMテーマ:読書


ある一人の男の人生という点で、昨日よんだ春、バニーズで。と似ています。
こちらの方は、もっと長く小学生時代から52才になるまで。
一人の不器用な男の人生でした。

正直でまじめで、一途で。と言えば悪い印象はもたないでしょうけれど、
主人公の健司は本当にそんな男で、その一途さに涙するところもありましたが、
女の立場から見たら、男の身勝手だと思う部分も。

男女で、感想は違うでしょうね。

中学三年の時に出会った、結核で余命わずかな加代子。
病気がうつるからと、1メートル以内には近づけさせない加代子。
うつってもかまわないと、健司。
15才だけど、本気の恋。
林檎の場面。
泣けました。

高校生になってから出会った由紀。
加代子のことが忘れられない健司。
最後の場面はあんまりだと思ったけれど、結果よかったのだろうか。

大学の時の年上の女性。
ちょっとのめり込み過ぎて、健司の性格からして怖いと思いました。

そして結婚に至る過程。
少し不安な展開かと思わせて・・

子供が生まれ、大きくなり、
新婚時代の気持ちを忘れ・・

お互いへの思いやりも忘れ・・

熟年夫婦が読んだらいいかもしれないですね。

忘れていたことを思いだすかもしれません。

悪いこと思いだしたら最悪だけど。

ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ




| 春色 | ー池永陽 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。