本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
MISSING (双葉文庫)
ずっと売れている作品ですね。
やっぱり、とてもよかったです。
短編だけど、それぞれの話をもっとじっくり読みたいくらいです。
 

『眠りの海』
所謂禁断の愛。
教師と生徒の恋愛なのだけど、
高校生くらいの女の子の複雑な心がすごく痛い。
家庭の事情も大きく痛い。

『祈灯』
妹を目の前で事故で亡くした姉が、妹として生きていて、という話から、
両親の複雑な事情があり、
最初のと同じく、母の愛が欲しかった気持ち、
哀しい想いです。

『瑠璃』
これが一番印象深い。
四つ年上の従姉妹、瑠子。
好きとか嫌いとか、関係ない。
ちょっと生意気な年上の従姉妹とは、不思議な時間をたくさん共有してきた。

自由に生きていると思った瑠子も、
大人になり、恋をし結婚して離婚した。

子供のころ思い描いてきた大人の世界に瑠子が思う自由は
なかったのかな。

生き急いでしまった瑠子にとって、四つ年下の従兄弟は、どう写っていたのかな。



ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー本多孝好 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/353