本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
解夏 (幻冬舎文庫)
さだまさしの音楽は聞かない(すみません)のですが、
小説はいいですね〜

眉山もすごくよかったので、
以前から気になっていた解夏を、やっと読みました。
まず、短編集だとしらなくてびっくりしましたが。

解夏は、目が見えなくなる難病にかかった青年の話ですが、
支える恋人や、母親の気持ちにもなり、
涙しました。

病気って大変なことに違いないし、
出来れば避けたいことだけど、
受け止め、どう生きるか。
周りがどう接するか、難しいことだらけだと思うけれど、
懸命に生きる、こんな小説を読むと、
いろいろと考えさせられます。

その他
『秋桜』
最初、異国から嫁いできた嫁と、姑との
折り合いの悪さが感じられましたが、
この花にそんな由来があるとは知りませんでした。
素敵な家族になるだろうことを予感させる終わりかたが、
すごくよかったです。

『水底の村』
これが一番好き。
それぞれの気持ちを思い、涙涙。
純平がいい子なのが、どんなにがんばって人生を生きてきたか感じ、
切なさで胸が痛くなりました。

『サクラサク』
ひとことで言うと家族再生の物語。
これも涙。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ーさだまさし | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/335