本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
手紙
これまた、感動しましたーーーーー
泣いたーーーーー

映画化されるということで、
(最近話題の小説はすぐ映画やドラマになるのね)
その俳優をイメージさせて読んでしまって、
私、玉山くん好きだから、
あんまりだーーーーーって。
悲しかった。

でもこれは難しい問題です。
以下ネタバレになりますが。



身内が犯罪者。それも殺人を犯してしまった時、
もちろん罪を償うのは、本人だけれども、
家族もまた、重い罪を背負っていかなくてはならないということを。

本の中でもありますが、
ほとんどの人は犯罪とは無縁の生活をしている。
また、自分の周りで起きるはずはない。と思っている。
加害者の身内だということがわかった時、
普通にそれまでと同じように接することが出来るだろうか。
罪を犯した本人でないにしても、
同情するかもしれないけれど、
出来ればかかわりたくない。というのが本心かもしれません。

毎日のように凶悪事件のニュース流れ、
犯人像も、いい人だった。
そんなことをする人にはみえない。
おとなしい人だった。
などと聞くと、その、どうしようもなく大変な状況に陥ったとしても、
やってはいけないことは、わかると思う。
だけど、思いとどまることが出来ず、
実行してしまう、境界線はどこなのだろう。

愛する人がいる。
仲間がいる。
相談できる人がいる。

でも、実際の気持ちは本人しかわからない。

この本でも、すごく弟思いな兄。
一生懸命働いて、弟が大学に行けるように、
ただそれだけを願いがんばっていた。

どこで間違ってしまったのだろう。

犯してしまった罪は消すことは出来ない。

でも被害者家族はもちろん、加害者もその家族も
もがいてもがいて、答えはなかなかでないかもしれないけれど、
前に進むことが生きる。ってことなのでしょうか。

臨場感たっぷりの文章で、実際に起きていることのように思ってしまい、
どっぷりと東野ワールドにはまりました。

お薦めです。是非みなさん読んでください。

そして、手紙の意味を、知ってください。


ランキング参加しています。
よかったら↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
JUGEMテーマ:本の紹介


| 春色 | ー東野圭吾 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/187