本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
舞台
んもーなにやってんのよ。
って母親の立場で見てしまう。
父親が嫌いだけど、亡くなった父親が残してくれたお金でひとりニューヨークへやってきた若者。
29歳の葉太。
来て早々かばんを盗まれたものの届けることもできずひとり彷徨う。
亡霊が見えたり、躁鬱のような状態になり、ちょっとやばいのではという状況ですよ。
すごく困っているのに素直に助けを求めることも出来ないし、
見栄っ張りな若者だな。
子供がこんなだったら喝入れたい。
母親のこともよく思っていないようだけど結局はその母親の助けで帰国することに。
あ〜あ。
若いときはこんな馬鹿やっても許されるのかな。
やってみないとわからないか。
このあと舞台にたてるようにね。


 
| 春色 | ー西加奈子 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
http://shunmama.jugem.jp/trackback/1366