本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
抱擁、あるいはライスには塩を
なんとも変わったタイトルです。
それの意味するものは読んでいたら理解できます。
3世代100年にわたる家族の歴史。
ロシア人の祖母、その子供たち、菊乃・百合・桐之輔。
そして次の世代の望・陸子・光一・卯月。
陸子が主人公のようだけどちょっと印象が薄いです。
望の父親が違って、卯月の母親が違って、それでもひとつ屋根の下に家族として暮らし、
子供たちは皆家に来る家庭教師から勉強を習い、学校へは行かない。
やはり普通でない暮らしなのだけど、
そういうのもありだと思える。
世間に出ていったとき、たとえば百合の結婚、菊乃の家出。
挑戦した彼女らはしかし柳島という家の人間なのだった。
100年も経てば時代は巡って変わる。
いずれ祖母世代を知らないひとばかりになり、
新しい世代が生きていく。
人は忘れ、生きていく。
 
| 春色 | ー江國香織 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。