本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
揺れ惑いおり妻逝きて
配偶者や親、身近な人たちの死について考えてみたことがある。
人生後半に差し掛かり、親の死に目にもあった。
避けることのできない問題である。
もちろん夫より自分が先に逝く可能性もある。
長年連れ添った夫婦というのは他人でありながら、
濃厚に人生を共にしてきた人間である。
この本は、最後まで生きることを諦めなかった妻を、
妻の希望で病院でなく自宅で看取った夫の記録である。
実体験を元にしているそうなのでよりリアルに感じる部分もある。
自宅で介護するのは本当に骨が折れる。
私も短い期間でしたが義母を家で介護していたことがある。
出来るだけ家にいたいと願いながらも、
最後は自分から病院へ行くと言った義母。
医師に最後の望みをかけていたのかもしれない。
苦痛に耐えられなくなったのかもしれない。
それでも病院でも最後のとき、子、孫、兄弟全員が回りにいた。
義弟が幸せな最後だったね、と言ったけれど、
何が正解かなんてわからない。
本人の希望。残されるものの意思。
出来るだけ尊重されるべきものだけど、考えても考えてもわからない問題だ。
最近はいつ死んでも恥ずかしくないようにしたいといつも思う。
その日がいつか誰にもわからないのだから。
 
| 春色 | その他のあ行の作家 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。