本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
怒り
なるほど。
これもいずれ『悪人』同様映像化されそうですね。
単行本というのはその大きさに反して大きな字で読みやすいのであっという間に読めます。
ましてこういう先が気になるものは一気読みですね。

始まりは惨殺されたある夫婦の事件。
逃亡を続ける犯人はどこにいるのか。
人の出会いというものは突然で、
さまざまな出会いがあるわけで、
それまでのその人物の経緯なんてすぐにわかるわけがない。
それでも普通のひとは他人に優しい。
仕事もきちんとこなしているとなれば信じる気持ちもわいてくる。

房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に現れた田代。
大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、
母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。

突然現れた3人の男。
同じ人物かと思ってしまいましたが同時期のようなのでそれはなく、
テレビで報道される犯人像からもしかしてあの人似ているかもと思う。
そうすると目の前にいる男が突然信じられなくなる。
結局は他人のこと、心から信じるという気持ちになれないのもわかる。

それぞれの生活が描かれていく中で特に、離島に住む泉。
同じ学校に通う近くの民宿の子、辰哉と仲良くなっていく様子は微笑ましかったのに一番の悲劇になってしまいました。
星島という無人島にいた田中という男。
辰哉と遊びにいった沖縄でレイプされそうになった泉。
それを見ていた田中。
星島で泉と辰哉が見たものは。
辰哉の気持ち、行動。
男らしさ、正義。

それぞれの決着がついたようだけど、泉と辰哉の未来が気になります。
あっ刑事の北見と出会った美佳のことだけ何者がわからなかったですね。
過去を詮索することは出来ない。
話してくれないことには。
でもその話を信じないことには前へ進めない。

考えてみると本心から人を信じるというのは難しいものです。

 
| 春色 | ー吉田修一 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。