本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ランチタイムは死神と
ランチタイムと死神とは全く距離の遠い存在のような気がします。
もうすぐ死ぬ人のところに現れるという死神。
そしてその姿が見えてしまうのは、ココロが疲れた女性。
好きなひとの婚約者が死ぬことを願ってしまう。
自分はなんて醜い心を持っているのだと悩む。
そんな時現れた死神。
死神の言うことは信じられないけれど、
もしかして自分はもうすぐ死ぬ。
しかし好きだった人がもうすぐ死ぬらしいと聞き、
自分の命と交換するかとの選択を迫られることに。
自分なんて死んでもいいなど思ってしまうけれど、
こんな自分の命も自分だけのもでないと気づく。

もう1編。
小説家になりたい女性。
最初に1次選考が通っのにその後は何度賞に応募しても1次さえ通らない。
本当は結婚してだんなさんに養って専業主婦になるつもりだったのに、
小説家の夢を持ってしまったばかりに、
付き合っていたひとに振られ、次に好きになったのは妻子あるひと。
そんな時、同僚の冴えないと思う女性の書いた小説がが賞を取り、
小説家としてデビューする。
自分はだめだと会社を辞め、フレンチのお店でウエイトレスをする日々。
これじゃ自分で家賃を払うことも出来ず愛人の立場に不満を感じながらも、
どうすることもできない。
そして死神が現れる。
自分はもうすぐ死ぬの?
いや、別の身近なひとの命はあとわずからしい。
それは・・・

他人をうらやむ気持ちが自分を後ろ向きにさせています。
確かによく見せてしまう。
しかしよく見せるための努力は他人にはわからない。
誰かの代わりということでなく自分自身の人生を歩んでいけたら。
少しだけ希望の光が見えました。
| 春色 | ー柴田よしき | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。