本を読んで、笑って泣いて怒って感動した素直な気持ちを綴っています。 ブログタイトル変更しました(旧 読書の薦め)
  ただひたすら本を読みたくなるので以前読んだ本すら忘れてしまうこともしばしば。
  そのための覚え書きのような簡単感想メモになります。
  評価の☆を付けるのはやめました。

★最近のお気に入り
楽園のカンヴァス  原田マハ
ライアの祈り    森沢明夫
海賊と呼ばれた男  百田尚樹
百年法       山田宗樹
ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ
妖怪アパートの幽雅な日常シリーズ
東雲の途      あさのあつこ
困っている人    大野更紗  
自分のアタマで考えよう  ちきりん
もちろん澪ちゃんシリーズは大好きで新作を待ちこがれています。     
★2013年に読んだ本で好きな本

はかぼんさん
しのぶ梅 晴天の迷いクジラ きみはいい子 路(ルウ)桜ほうさら
さくら動物病院 青空の卵 南下せよと彼女は言う
火群のごとく

<<前の記事 トップ 次の記事>>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
おばさん四十八歳小説家になりました
一番初めは図書館で借りた『めのと』だったと思います。
植松さんも書いているように女性受けがいいようですし、
あまり脚光を浴びていない人物特に女性に焦点をあてているなど、
私の大好きなパターンの小説でした。
それから植松さんの小説は何冊か読むようになり、
やはり上記の理由で好きな小説になったものが多いです。
そして地元静岡出身だと知り、
(生まれは埼玉だそうですが)
更に娘の母校である高校の先輩だと知り、勝手に親近感を持っていました。

今回のエッセイ、タイトルからも興味深いですね。
小説家になるのに年齢は関係ないでしょうけれど、
そっか今の私の年齢のころ小説家デビューだったのね。
環境や経緯、仕事や家族のことなど特に書きにくいであろう次女さんの不登校の頃のこと。
本人に書いていいか聞いたようですが、
それこそいろいろな人生があるのだと受け止めるのに時間がかかったようだけど
子育てはずっと勉強ですね。

そして書かれた小説のこと、題材がどのように決まったのかとその後の進め方、
楽しむ読ませていただきました。

まだ読んでいない小説、そして今後の小説も楽しみです。


 
| 春色 | ー植松三十里 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
コメント
name:
email:
url:
comments:
トラックバック
トラックバック機能は終了しました。